アマゾン、アトランタの災害支援ハブの規模を倍増

6月1日、アマゾン(NASDAQ: AMZN)は、自然災害の被害を受けた地域を支援するため、アトランタのグローバル災害救援ハブの規模を倍増させると発表した。同社は、100万個の重要な救援物資を寄贈し、物流支援を強化し、ハブの保管スペースを倍増する。このハブにより、大災害が発生した際に、米国内外のコミュニティに災害救援キットを迅速に配給できる。

同ハブには、シェルター用品、衛生用品、医療機器、清掃・修理用品、子供用の玩具や家庭用品など、昨年の2倍以上となる100万点の緊急支援物資があらかじめ配置される予定だ。アマゾンでは、ハリケーン、竜巻、山火事、地震、人道的危機など、より幅広い災害事象に対応するため、ハブを起動する準備が整った。同ハブは、フルフィルメントセンターのスペースを2万立方フィートに拡張し、10以上の救援団体をサポートする予定である。パートナーには、Save the Children、アメリカ赤十字、国際赤十字・赤新月社連盟、International Medical Corps、World Central Kitchen、SBP USA、MedShare、All Hands All Hearts、などが含まれる。

アマゾンは、4年間の災害支援のデータを分析し、人道支援パートナーが必要とする最も一般的な救援物資の事前配置戦略を設計し、最も需要の高い品目を必要な場所にできる限り近づけるようにした。自然災害時には、重要な救援物資が迅速に届けられ、その後、同社はコミュニティパートナーと協力し、アマゾンの膨大な商品群の中から現地でさらに必要とされる物資を特定できる。また、アマゾンの従業員ボランティアは、災害支援キットを作成し、災害発生時に寄贈・配布することで、同社の人道的活動を支援している。本キットには、応急処置用品からタオル、衛生用品まで、災害時によく求められるアイテムが含まれている。

2017年以降、アマゾンの災害救援・対応活動は、世界各地の81の自然災害や人道支援危機に対応し、1800万点以上の商品を提供してきた。それらの取り組みは、大規模な自然災害に対応する世界中の救援隊に迅速かつ効果的な支援を提供するために、アマゾンの膨大なオペレーションの卓越性、革新的な技術、およびグローバルな物流ネットワークを活用している。アマゾンは、ハリケーンに襲われた地域のために、アマゾンから寄付された品物を貨物ジェットに積み込み、トラックで輸送した。また、アマゾンウェブサービス(AWS)のクラウドサービスを通じて、政府と非営利団体による大規模な対応活動を支援している。

【参照ページ】
(原文)Amazon Doubles Size of Disaster Relief Hub in Atlanta—1 Million Critical Relief Supplies Donated and Ready to Ship to Communities for the 2022 Hurricane Season
(日本語訳)アマゾン、アトランタの災害支援ハブの規模を倍増

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る