欧州中央銀行、気候変動リスクを把握するための新たな指標を発表

ECB、気候変動リスクを把握するための新たな指標「Financed Emissions」と「Sustainable Finance」を発表

1月24日、欧州中央銀行(ECB)は、金融セクターにおける気候関連リスクの分析および持続可能な金融市場の進展の追跡に役立つことを目的とした一連の新しい統計指標の公表を発表した。

本指標の公表は、2022年7月にECBが打ち出した気候変動に関する行動計画の一環をなすもので、金融政策の枠組みに気候変動への配慮をさらに取り入れるとともに、リスク評価ツールや能力を向上させて気候関連リスクをより適切に取り込み、気候リスクの外部評価を改善する取り組みが盛り込まれている。

【関連記事】ECB、金融政策の枠組みに気候変動への配慮をさらに組み込むため、新たな措置を発表

新しいデータセットは、「サステナブルファイナンス」、「融資された排出量」、「物理的な気候リスクがローンや証券のポートフォリオに与える影響」の3つの分野をカバーしている。

「サステナブルファイナンス指標」は、ユーロ圏におけるグリーンボンド・ソーシャルボンド・サステナビリティボンド・サステナビリティリンクボンドなど、サステナビリティの特徴を持つ債券の発行と保有を追跡し、持続可能なプロジェクトの資金調達に関する情報を提供する。
ECBによると、サステナブルボンドやグリーンボンドのボリュームは、より広い債券市場よりも著しく速く成長しており、ユーロ圏の市場では過去2年間で倍増していることが示されている。

「金融機関が融資する炭素排出を対象とした指標」には、金融機関の証券やローンポートフォリオの炭素強度や、炭素集約的なビジネスモデルを持つ取引先に対する同セクターのエクスポージャーに関する情報が含まれている。この分野の指標には、債務者や発行者の温室効果ガスの総排出量である「融資排出量」、融資排出量を企業の生産額と比較して測定する「炭素強度」、排出量の多い経済活動への融資や証券ポートフォリオのエクスポージャーを測定する「移行リスク指標」などがある。

「気候関連物理リスクに関する指標」は、洪水、山火事、暴風雨などの自然災害がローン、債券、株式のポートフォリオのパフォーマンスに与える影響を分析することを目的としている。

ECBは、本指標は「作業中」であり、持続可能な金融指標は現在「実験的」(公式統計の品質要件の全てではないが多くを満たしている)に分類され、融資による排出と物理的リスク指標は「分析的」(データの質が低く、いくつかの限界があることを示している)に分類されていると指摘した。

ECBは、各国の中央銀行と協力して、使用するデータや手法を改善すると述べている。

【参照ページ】
(原文)ECB publishes new climate-related statistical indicators to narrow climate data gap
(日本語参考訳)ECB、気候変動リスクを把握するための新たな指標「Financed Emissions」と「Sustainable Finance」を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る