エネルギー企業VINCI、水素タクシー事業者Hypeに約20億円を投資

VINCI、水素タクシー事業者Hypeに約20億円を投資

1月23日、エネルギーサービス・インフラ企業であるVINCI Energiesは、統合水素モビリティプラットフォームと水素タクシーフリートを運営するHypeへの1,500万ユーロ(約21億円)の出資が完了したと発表した。

2015年に発足したフランスを拠点とするHypeは、供給・生産・流通・利用を統合した水素モビリティ・プラットフォームを開発している。同社は現在、世界最大の水素タクシー隊を運営しており、2025年までにフランス国内および世界各地の15の新地域にプラットフォームを展開する予定である。

今回の出資に伴い、両社は水素モビリティインフラの展開を加速させるための新たな戦略的パートナーシップを発表した。VINCIは、Hypeの独占パートナーとして、大パリ地域における水素製造・供給インフラの建設に協力し、今後3年間で26カ所の地場産水素の充填ステーションを開設する予定である。

さらに、両社はフランスの他の地域や海外にもステーションを展開するために協力するとしている。

【参照ページ】
(原文)VINCI Concessions and Hype form a strategic partnership to accelerate hydrogen mobility
(日本語参考訳)VINCI、水素タクシー事業者Hypeに約20億円を投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る