アマゾン、欧州で1GW以上の再生可能エネルギー容量を追加

アマゾン、欧州で1GW以上の再生可能エネルギー容量を追加

10月25日、アマゾンは、欧州で今年1年間に39の再生可能エネルギー・プロジェクトを新たに追加し、1GW以上のクリーンエネルギー容量を追加したと発表した。

新たなプロジェクトは、アマゾンがヨーロッパで再生可能エネルギーを購入する最大の企業としての地位を固めるもので、13カ国にまたがる160の風力・太陽光発電プロジェクトのポートフォリオを有し、稼動後は580万kWのクリーンエネルギー容量を提供する見込みだ。

今回の発表は、アマゾンが今年初めに発表した、1年間に1社によって発表された再生可能エネルギー量の企業記録を更新したことに続くもので、2022年に全世界で8GW以上のプロジェクト容量を追加する。

ベルギー、フランス、イタリア、スペイン、英国のアマゾン施設に15基の屋上太陽光発電設備を設置するほか、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、スペイン、スウェーデン、英国で24基のユーティリティスケールの風力・太陽光発電プロジェクトを実施する。

アマゾンは、2022年に同社が全世界で消費した電力の90%が再生可能エネルギーで賄われており、2025年までにAWSデータセンター、フルフィルメントセンター、実店舗を含む事業運営の電力を100%再生可能エネルギーで賄う予定であると述べた。

【参考ページ】
(参考記事)Amazon powers up with 39 renewable projects in Europe

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る