ブルームバーグ、物理的気候リスクへのエクスポージャーを測定する指標を発表

ブルームバーグ、物理的気候リスクへのエクスポージャーを測定する指標を発表

10月26日、ビジネス・金融市場情報サービスプロバイダーのブルームバーグと気候金融リスクデータ分析プロバイダーのRiskthinking.AIは、企業や投資家が洪水、干ばつ、山火事などの気候関連リスクへのエクスポージャーを評価・理解できるようにすることを目的とした、科学的根拠に基づく新たな物理的リスク指標を発表した。

両社によると、欧州のCSRDや国際財務報告基準(IFRS)の持続可能性開示基準など、新たな報告制度において、規制当局が気候関連リスクの開示を求める動きを見せており、また、異常気象へのエクスポージャーを測定することが投資家にとってもますます重要になってきていることから、新たな指標の発表に至ったという。

新しい物理的リスク指標は、気候変動に関する科学的評価を行う国連の機関である気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が承認したすべての気候シナリオを考慮した初めてのもので、テールリスク事象を含む、将来起こりうる多くの結果を考慮したアプローチを可能にする。

本指標は、ブルームバーグが保有する約5万社の製造拠点、エネルギープラント、採掘事業、オフィスビル、小売拠点など100万件以上の物理的資産に関するデータと、Riskthinking.AIが保有する世界的な気候変動予測に関するきめ細かなデータセットおよび独自の手法を組み合わせ、企業の物理的リスク・エクスポージャー・レベルを算出する。また、ブルームバーグのグローバルサプライチェーンデータと組み合わせることで、主要サプライヤーの物理的脆弱性を明らかにすることもできる。

本ソリューションはまた、CSRD、TCFDの勧告、IFRSのサステナビリティ開示基準に沿って、気候関連リスクに関する報告の基礎となる計算を詳述した文書へのアクセスも提供する。

新指標の発表は、ブルームバーグが昨年Riskthinking.AIに出資し、金融システムに与える気候関連の影響をより深く把握するための高度なリスクモデリング技術の活用を模索するパートナーシップを結んだことに続くものである。

【参照ページ】
(原文)Bloomberg and Riskthinking.AI Launch Physical Risk Indicators to Reveal Exposure to Severe Climate Events
(日本語参考訳)ブルームバーグとRiskthinking.AI、深刻な気候変動へのエクスポージャーを明らかにする物理的リスク指標を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る