Microsoft、「Microsoft Cloud for Sustainability」発表。ネット・ゼロに取り組む企業をサポート

Microsoft、Microsoft Cloud for Sustainability発表。ネットゼロに取り組む企業をサポート

Microsoftは、新サービス「Microsoft Cloud for Sustainability」を発表した。この新たなSaaSサービスは、企業が二酸化炭素排出量を測定し、理解して管理できるよう、またサステナビリティに関する目標を設定し、測定可能な行動を起こせるようにするという考えから設計された。

Microsoft Cloud for Sustainabilityはデータ収集を効率化する。組織が行う「自社の環境フットプリントを記録して関係者に報告し、資源の使用量を削減し、二酸化炭素排出量の相殺やリサイクルによってフットプリントを除去し、高フットプリントの資源を低フットプリントの資源へと置き換える」といった施策を、手作業のExcel入力ではなく自動的で正確なリアルタイムデータ入力によって行う。

Microsoft Cloud for Sustainabilityはデータの収集だけでなく、お客様がサステナビリティに関するデータを実用的な方法で集約できる。リアルタイムのデータソースを発見および結びつけることができ、データ統合やレポーティングを加速させ、正確な炭素会計もできる。また、目標に対するパフォーマンスを測定し、より効果的な行動が取れるようインテリジェントな知見を組織に提供する。

Microsoft は 組織が Microsoft Cloud for Sustainability を活用して目標を達成するまでのシナリオを以下のように例示した。

【参照ページ】Microsoft Cloud for Sustainability: ネットゼロに取り組む企業をサポート

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る