ASIC、バンガードに対するグリーンウォッシュ訴訟を開始

7月25日、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、運用世界大手米バンガードの豪子会社バンガード・インベストメンツ・オーストラリアに対し、バンガード・ファンドへの投資に適用される特定のESGスクリーニングに関する主張に関して誤解を招く行為があったとして、連邦裁判所に民事罰の手続きを申し立てた。

ASICは、バンガードが「Vanguard Ethically Conscious Global Aggregate Bond Index Fund (Hedged) (Fund)」に含まれるすべての証券が特定のESG基準に照らしてスクリーニングされていると表明するにあたり、虚偽で誤解を招くような発言を行い、一般投資家を欺く行為に及んだとしている。同ファンドは、特に倫理的に配慮したスクリーニングを受けた証券を求める投資家向けに販売された。

ファンドが保有する投資対象は、ブルームバーグ・バークレイズMSCIグローバル・アグリゲートSRI除外フロート調整指数(インデックス)と呼ばれる指数に基づいていた。バンガードは、このインデックスが化石燃料を含む様々な業界で重要な事業活動を行う発行体を除外していると主張した。

しかし、ASICはESGリサーチがインデックスに含まれる債券の発行体のかなりの割合について実施されておらず、したがってファンドについても実施されていなかったと主張している。

2021年2月時点で、ASICは、インデックスについては、少なくとも180の債券を発行した42の発行体、ファンドについては、少なくとも27の債券を発行した少なくとも14の発行体が、適用されるESG基準に違反していると主張した。これらの債券が、石油・ガス探査に関連する活動を含む化石燃料と関係のある投資対象に投資家の資金をさらしたとしている。

今回のケースでバンガードは、化石燃料を含む特定の産業で重要な事業活動を行う債券発行会社を除外するよう、商品をスクリーニングすると投資家に約束した。

ASICは裁判所に対し、宣言と罰金を求めている。ASICはまた、裁判所が認定した違反行為を公表するようバンガードに求める命令も求めている。

【参照ページ】
(原文)ASIC commences greenwashing case against Vanguard Investments Australia
(日本語訳)ASIC、バンガードに対するグリーンウォッシュ訴訟を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る