GRI、農業・漁業分野のサステナビリティ・レポーティング・スタンダードを発表

6月28日、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)は、農作物、動物、水産物の生産に携わる企業が環境、経済発展、人権などの主要な持続可能性分野に与える影響評価の指針として、農業、養殖業、漁業分野の新しい開示基準の立ち上げを発表した。

農業、養殖業、漁業は、人類を養うという中心的な役割に加え、地球や人々に大きな影響を与えるため、持続可能性に関する行動や情報提供の主要な焦点となる分野である。例えば、農業は、土地利用や森林破壊と同様に、世界の温室効果ガス(GHG)排出の大きな割合を占めている。それぞれのセクターは、気候変動や生物多様性の損失から、食料安全保障や労働慣行に至るまで、さまざまな問題に影響を及ぼしている。

GRIによると、新基準「GRI13:農業・養殖業・漁業セクター2022」は、食料安全保障、土地と資源の権利、生活賃金と収入、自然生態系の転換、動物福祉、土壌の健康、農薬に関するセクターの新しい開示を含み、セクターの企業がその影響と国連の全17の持続可能な開発目標(SDGs)を関連付けることを支援する。

新基準は、昨年、石油・ガスセクターを対象としたGRI初のセクター基準を発表したのに続き、今年初めには石炭セクターの基準も発表している。GRIは今後、鉱業、繊維・アパレル、食品・飲料など、さらなるセクタースタンダードの公表を予定している。 また、GRIの報告に関するモジュールシステムの一部を形成しており、組織はまず昨年更新されたGRIのユニバーサルスタンダードから始め、次にセクタースタンダードを使用して重要なトピックを決定し報告する。

【参照ページ】
(原文)Advancing sustainable production on land and sea
(日本語訳)GRI、農業・漁業分野のサステナビリティ・レポーティング・スタンダードを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る