シェル、ガスプロムとの資本提携を解消。ロシア事業から撤退

2月28日、石油ガス大手であるシェルの取締役会は、ガスプロム社及び関連事業者とのロシアにおける合弁事業を終了する意向を発表した。ガスプロム社は米国による経済制裁の対象企業であり、実質的に取引が困難な状況であった。

今回の決定では、サハリンII液化天然ガス施設における27.5%の持分、サリム石油開発における50%の持分、ギダンのエネルギー事業などが事業終了の対象となる。加えて、ノルド・ストリーム2パイプライン・プロジェクトからも撤退する。シェルは、2021年末時点ロシアにおいて約30億ドル(約3,450億円)の非流動資産を保有しており、今回の決定により減損の発生を予想している。

今回終了対象となった事業のうち、サハリン2に対し三井物産が12.5%、三菱商事が10%の出資比率を誇っており、日本への影響も懸念されている。

【参照ページ】
(原文)Shell intends to exit equity partnerships held with Gazprom entities
(日本語訳)シェル社、ガスプロム社との資本提携を解消へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る