シェル、ガスプロムとの資本提携を解消。ロシア事業から撤退

2月28日、石油ガス大手であるシェルの取締役会は、ガスプロム社及び関連事業者とのロシアにおける合弁事業を終了する意向を発表した。ガスプロム社は米国による経済制裁の対象企業であり、実質的に取引が困難な状況であった。

今回の決定では、サハリンII液化天然ガス施設における27.5%の持分、サリム石油開発における50%の持分、ギダンのエネルギー事業などが事業終了の対象となる。加えて、ノルド・ストリーム2パイプライン・プロジェクトからも撤退する。シェルは、2021年末時点ロシアにおいて約30億ドル(約3,450億円)の非流動資産を保有しており、今回の決定により減損の発生を予想している。

今回終了対象となった事業のうち、サハリン2に対し三井物産が12.5%、三菱商事が10%の出資比率を誇っており、日本への影響も懸念されている。

【参照ページ】
(原文)Shell intends to exit equity partnerships held with Gazprom entities
(日本語訳)シェル社、ガスプロム社との資本提携を解消へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る