英国、レジ袋有料化により使用量は98%減少

ペットボトル

7月31日、英環境・食糧・農村地域省は、2015年の使い捨てレジ袋の有料化により、レジ袋使用量が98%以上減少したと発表した。

英国では、2015年に小売大手を対象にレジ袋が5ペンスに有料化された。それ以来、アスダ、マークス・アンド・スペンサー、モリソンズ、セインズベリー、協同組合グループ、テスコ、ウェイトローズ等の主要小売店での使用量は98%以上減少した。イングランド地方では、購入される使い捨てレジ袋は年間2枚まで減少した。

主な小売業者によって販売されたと報告された使い捨てレジ袋の数は、2021/2022年の1億9,700万枚から2022/23年には1億3,300万枚となり、33%減少した。これは、2014年に使用された76億枚からの大幅な減少である。

2021年には10ペンスに引き上げられ、すべての小売企業に適用された。これにより、使用される袋の数は2019/20年の6億2700万枚から2022/23年には4億600万枚へと35%以上減少した。レジ袋からの収益は、社会的活動に寄付することが推奨されており、小売大手は2億600万ポンド(約380億円)を寄付している。

レジ袋の有料化は、プラスチック廃棄物の流れを変えるための政府の行動の上に成り立っている。2018年、政府は、洗い流すタイプのパーソナルケア製品に含まれるマイクロビーズを世界で最も厳しく禁止することを発表し、2020年には、使い捨てのプラスチック製ストロー、飲料用かき混ぜ器、綿棒の供給制限を導入した。

政府はまた、2022年4月に、英国で製造または英国に輸入されるプラスチック包装で、再生プラスチックを30%以上含まないものに対し、1トン当たり200ポンド以上の課税を導入した。

環境法を通じて、政府はプラスチック汚染とポイ捨てに取り組むためのさらなる措置を導入している。これには、飲料容器のデポジット・リターン制度の導入や、イングランドの全世帯および企業に対するリサイクル回収の簡素化計画が含まれる。

イングランドでは、2023年10月1日から、さまざまな使い捨てプラスチックが禁止される。規制の対象となるのは、使い捨てのプラスチック皿、トレイ、ボウル、カトラリー、風船スティック、特定の種類のポリスチレン製カップや食品容器などである。

【参照ページ】
(原文)Plastic bag use falls by more than 98% after charge introduction
(日本語参考訳)英国、レジ袋有料化により使用量は98%減少

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る