FAIRR、水産分野で新たな投資家コラボレーションを開始

FAIRR、自然界のリスクと影響について水産業界を巻き込む新たな投資家コラボレーションを共同で開始

2月28日、FAIRRは、自然保護と生物多様性を重視する5つの団体と共同で、投資家の力を活用し、水産関連企業に自然や生物多様性に関する重要な影響とリスクについて関与するイニシアティブを開始した。

本イニシアティブは、水産物バリューチェーンから乱獲、違法行為、生息地の転換をなくすことを目標に投資家グループを招集し、主要な水産関連企業に対してターゲットを絞ったエンゲージメントを実施する予定である。

FAIRRは、世界自然保護基金(WWF)、UNEP FIのSustainable Blue Economy Finance Initiative、World Benchmarking Alliance(WBA)、Planet Trackerと共同で、総合力を発揮して企業の水産物のサステナビリティにおけるベストプラクティスへの取り組みと実施を強化する。

第一段階として、投資家行動グループは、水産物のサステナビリティに関するベストプラクティスの取り組みについて、水産関連企業に働きかける。例えば、フルチェーンのトレーサビリティシステムの開発、混獲と廃棄の削減、食品ロスと廃棄の削減、世界的に認められた基準への適合に向けた取り組みなどである。この取り組みに参加することで、投資家はUNEP FI Sustainable Blue Economy Finance Initiativeのような科学的根拠に基づく海洋関連の原則や指針を満たすことができ、また、Taskforce on Nature-related Financial Disclosuresのようなポートフォリオにおける自然や生物多様性のリスクに取り組む新しい取り組みに先んじることができる。

共同作業の開始は、発表されたWWFの新しい報告書を受けたもの。報告書「Getting Underway: 2022 水産関連投資におけるE&Sリスクへの取り組みに関する資産運用会社のベースライン評価」 は、ほとんどの資産運用会社が生物多様性や自然資本の影響をリスクとして公的に認識しているにもかかわらず、水産物関連のリスクや影響は、ほとんどの場合、対処されていないことを明らかにした。

報告書によると、公開情報を評価した42の資産運用会社のうち、投資先企業に対して水産物に特化した環境・社会(E&S)期待を策定し、公開しているのは1社のみであった。これを受け、特に発表されたようなコラボレーションを通じて、問題に対する投資家の関与を高める必要性を強調した。

【参照ページ】
(原文)FAIRR Co-Launches New Investor Collaboration to Engage the Seafood Sector on Key Nature Risks and Impacts
(日本語参考訳)FAIRR、自然界のリスクと影響について水産業界を巻き込む新たな投資家コラボレーションを共同で開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る