Tesco、すべての青果物生産者にLEAF Marque認証を付与

Tesco、すべての青果物生産者にLEAF Marque認証を付与 英国で最も重要な環境基準の展開を完了

2月23日、Tescoは、LEAF Marque認証の画期的な展開が完了したことを発表した。これにより、英国のすべての青果物生産者が、気候変動への耐性、生物多様性、土壌の健全性、温室効果ガス排出量、森林破壊などの分野で、農場全体の継続的改善に向けた強固な環境基準の認証を取得した。

LEAF Marqueは、生産者が農場内の主要なサステナビリティ指標を継続的に改善することを奨励する。自然、気候、社会、経済に関連する実践に対して生産者の進捗状況をベンチマークすることで、LEAF Marque規格は目標分野を特定し、生産者がさらなる改善を推進する。

Tescoは現在、2025年までに移行を完了することを目標に、世界8,000人の生産者ベースの残りの認証プロセスを開始した。

世界的な農業団体LEAF(Linking Environment And Farming)が運営するLEAF Marqueは、農場に対して、より持続可能で気候に配慮した農業を実現するためのビジネス全体のアプローチを求めている。TescoとLEAFのパートナーシップは、食品生産における自然回復へのアプローチの重要な要素となっている。

【参照ページ】
(原文)Tesco completes most significant roll-out of environmental standards in UK with LEAF Marque certification for all fruit and veg growers
(日本語参考訳)Tesco、すべての青果物生産者にLEAF Marque認証を付与 英国で最も重要な環境基準の展開を完了

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る