Mercedes-Benz、Nucorと低炭素鋼の契約を締結

メルセデス・ベンツ、Nucorと低炭素鋼の契約を締結

3月20日、鉄鋼メーカーのNucor Corporationは、Mercedes-Benzとアラバマ州タスカルーサにある同社の生産工場向けに低炭素鋼を供給する契約を締結したと発表した。

本契約はMercedes-Benzにとって最新の低炭素鋼取引である。昨年もアラバマ工場でSteel Dynamicsと供給契約を結び、またスウェーデンの新興企業であるH2 Green Steelとは欧州の自動車用低炭素鋼の供給契約を締結している。

Mercedes-Benzは昨年、投資家やアナリストを対象としたESG会議で発表した目標や取り組みの一環として、遅くとも2039年までにはグリーンな鉄鋼サプライチェーンを実現するという目標を掲げており、その中には2030年までに生産時のCO2排出量を80%削減するという目標も含まれていた。

タスカルーサ工場では、GLE、GLEクーペ、GLSモデルシリーズを含むSUVモデルや、オール電化SUVのEQS、EQEを生産している。現在、同工場で生産されるすべてのモデルには、70%以上の再生スクラップを使用したSDI平圧延鋼板が使用されている。同工場の2023年の生産台数は約29万5000台。

新契約により、Nucorはアラバマ工場で生産されるモデル向けにEconiq-REブランドの鋼材をMercedes-Benzに供給する。2022年に発売されたEconiq-REは、100%再生可能エネルギーで製造された鋼材であり、スコープ1、2、3の排出量を含む温室効果ガス排出量を、抽出高炉を使用した鉄鋼生産の半分以下に削減できる。

製鉄は、世界的に最もCO2を排出するセクターのひとつであり、同セクターからの温室効果ガス総排出量(GHG)は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7~9%を占めている。

Nucorは、電気アーク炉でリサイクルされた金属スクラップを使用して鉄鋼を生産しており、GHG強度は世界平均より60%以上低い。同社は昨年、熱間圧延鋼板の生産からスコープ1、2、3全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標を設定し、クリーン電力の利用拡大、炭素回収・隔離、GHGゼロに近い製鉄など、目標達成に向けた取り組みを概説した。

【参照ページ】
(原文)NUCOR SIGNS AGREEMENT WITH MERCEDES-BENZ TO SUPPLY ECONIQ™-RE
(日本語参考訳)Mercedes-Benz、Nucorと低炭素鋼の契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る