BlackRock 、Scottish Widowsから約840億円の援助を受けESGボンドファンドを立ち上げ

BlackRock がScottish Widowsから約840億円を投資してESGボンドファンドを立ち上げ

10月11日、BlackRockは、投資家がESG関連の目標に沿いつつ、世界の投資適格債に幅広く投資できるようにすることを目的とした新しいESGボンドファンドを立ち上げると発表した。

本ファンドは、投資・保険会社のScottish Widowsと協議して開発されたもので、同社は5億ポンド(約840億円)を出資する最初の投資家として署名している。

本ファンドは、「Bloomberg Global Aggregate Corporate Index GBP Hedged」と同レベルのリスクとリターンを提供することを目指しており、さらに、二酸化炭素排出量の強度をインデックスより50%低くするというポートフォリオ目標などのサステナビリティ特性を有している。本ファンドはBlackRockのインデックス債券ポートフォリオマネジメントチームが運用を担当する予定である。

また、本ファンドは、ESGに関連する除外基準を用いて、一般炭やタールサンド、タバコ、問題のある兵器、国連グローバル・コンパクト原則の違反などの活動に関与する発行体を排除している。

今回の発売は、BlackRock がScottish Widowsと協議して構築したファンドとしては、2020年8月のBlackRock公認契約スキーム(ACS)気候変動世界株式ファンドの導入に続き、2本目となるものである。Scottish Widowsは昨年、1700億ポンド(約28.3兆円)の投資ポートフォリオについて、2030年までにファンドの二酸化炭素排出量を半減し、2050年までにネット・ゼロを達成するという目標を含む、一連の気候目標を発表している。

【参考ページ】
(原文)Scottish Widows backs BlackRock’s ESG bond fund with £500m
(日本語訳)スコティッシュ・ウィドウズ、ブラックロックのESGボンドファンドを5億ポンドで支援

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る