Lightrock、約1,300億円を調達 初の気候変動対策基金を設立

Lightrockが約1,300億円を調達し、初の気候変動対策基金を設立

10月13日、世界的なプライベートエクイティ投資家であるLightrockは、世界の気候変動目標の達成に貢献する技術に焦点を当てた成長段階の企業への投資を目的とする、第1回気候インパクトファンド(LCIF)の募集を終了したことを発表した。

Lightrockは本ファンドのために8億6000万ユーロ(約1,300億円)を調達し、当初の目標であった6億ユーロ(約870億円)を大幅に上回った。

本ファンドは、2050年までにネット・ゼロを達成するための技術として、エネルギー転換、産業の脱炭素化、持続可能な食料・農業、持続可能な輸送の4つの主要分野への投資を目的としている。LCIFは、2050年までにネット・ゼロ経済を目指して革新を進め、気候変動問題への対応システムを構築している欧州および北米の成長段階の企業に対し、典型的な初期投資額として1000万ユーロ(約14億円)から4000万ユーロ(約58億円)の投資を行う予定だ。また、商業的な牽引力があり、リーダーシップを発揮する可能性のある初期段階の企業に対しても、小規模な資金配分を行う場合がある。

その中には、安価で信頼性の高いネット・ゼロ・カーボン電力を供給するために送電網を変革するMainspring Energyや、木を伐採して消費者に環境に有害な製品を提供する代わりに、バイオベースの液体で持続可能な軟材の特性を強化するKebonyが含まれている。

LCIFは、持続可能な金融情報開示規則の第9条ファンドに分類される。LCIFの投資先企業は、定期的に環境への影響を報告することが求められ、Lightrockから影響評価と管理の恩恵を受けるとともに、独立した第三者による検証を受けている。

【参照ページ】
(原文)Lightrock closes inaugural Climate Impact Fund at €860 million, above initial hard-cap
(日本語訳)Lightrock、第1回Climate Impact Fundを8億6千万ユーロでクローズ、当初のハードキャップ額を上回る。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る