英政府、低炭素水素認証制度の計画を発表

英政府、低炭素水素認証制度の計画を発表

2月9日、英政府は世界的に認められた低炭素水素認証制度の計画を発表した。本発表により、英国の低炭素水素セクターの透明性と信頼性が世界的に高まることになる。

現在、低炭素水素の生産者が、その製品の信頼性を証明するための公認の方法はない。水素の排出量を証明する信頼性の高い方法の導入は、英国の水素セクターの脱炭素化、国境を越えた取引の促進、グリーン水素の成長と雇用の促進において重要な役割を果たすことになる。政府は今後、産業界との協議を開始し、2025年までに認証制度を導入する予定である。

本制度により、成長する英国のグリーンエネルギー市場が持続可能性の主張を検証するのに役立つと同時に、低炭素水素に対する産業界と消費者の信頼を得ることができる。水素は、肥料や鉄鋼などの製品の原料として、またガラス製造やセラミックなどの高温プロセスの代替燃料として、さまざまな革新的な方法で利用することが可能である。

英政府は、水素に関する野心をさらに反映し、今週開催される「科学界の女性と少女の国際デー」を前に、英国初の水素チャンピオンのJane Toogood氏の任命をさらに6ヶ月間延長することにした。水素チャンピオンの役割は、英国の水素経済発展を加速させるために産業界と政府を結びつけることが重要であり、Janeはこれまでの役割の一環として、産業界の関係者と幅広く会談し、その機会を評価し、達成に向けた障壁を特定してきた。

2021年に英国の水素戦略が発表されて以来、低炭素水素の国際市場開拓に向けた世界的な関心と投資が急速に高まっている。低炭素水素の認証スキームは、水素の生産者から利用者まで、水素のバリューチェーン全体に利益を生み出し、経済成長、雇用創出、環境に優しいビジネスを促進する可能性がある。

本制度では、英国の低炭素水素基準に定められた手法を認証の基礎として使用する予定である。

本発表は、英国のエネルギー安全保障戦略において、2030年までに低炭素水素製造能力を最大10GWまで倍増させるというコミットメントに基づいている。

【参照ページ】
(原文)New UK certification to boost British hydrogen sector
(日本語参考訳)英政府、低炭素水素認証制度の計画を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る