United Rentals、レンタル機器からの排出量を追跡・報告するソリューションを開始

8月2日、レンタル機器会社United Rentalsは、顧客がレンタル機器の環境フットプリントを測定・報告できるよう設計された新しいデータ駆動型ソリューション、「トータル・コントロール・エミッション・トラッキング」の発売を発表した。 本ソリューションでは、公表されている排出係数を使用して、温室効果ガス排出量と排出源汚染物質排出量を推定する。

本ツールは、同社のクラウドベースの車両管理プラットフォームであるトータル・コントロールに導入され、エンジンアイドリングを減らすためのエンジン時間の追跡や、車両を適切に配置するための車両利用率の追跡など、サステナビリティと効率に焦点を当てた既存の機能が追加されている。

本ツールにより、企業は使用するレンタル機器に基づく推定GHGおよびエンジン排出量のレポートを作成できる。また、顧客が機器の排出量を削減するために、どのように車両や利用方法を変更すればよいかを理解するのに役立つ。

【参照ページ】
(原文)United Rentals Launches Total Control® Emissions Tracking to Help Customers Advance Sustainability Strategies

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る