トルコ航空、旅行で排出されるガスを相殺するプログラムを開始

トルコ航空、乗客が旅行で排出されるガスを相殺するプログラムを開始

8月2日、トルコ航空は、荒牧を通じて乗客の旅行による排出量を相殺できる新しいプログラム「Co2mission」を開始すると発表した。また、同社は本プログラムを通じて、従業員の出張に伴う排出量の相殺も行う予定だ。

新プログラムでは、乗客は、再生可能エネルギー、エネルギー効率、植林関連などのカーボンオフセットプログラムのポートフォリオからプロジェクトを選択し、同社のウェブサイト上で選択したプロジェクトに参加できる。乗客は、選択したプロジェクトのポートフォリオに選択した金額で貢献し、国連公認の排出削減証明書を購入する。寄付金は、Verified Carbon StandardとGold Standardに認定されたプロジェクトの支援に使用される。

航空会社によると、これらのプロジェクトは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)のうち9項目にも貢献する。THY Co2missionプラットフォームは、国際民間航空機関(ICAO)の方法論(路線の長さ、航空機の種類、燃料消費量などの要因を考慮)を用いて、適切なカーボンオフセット量を算出することができる。本プラットフォームは、トルコ航空のウェブサイトから航空券を購入する際、またはCo2missionのウェブサイトから直接アクセスできる。

【参照ページ】
(原文)Turkish Airlines makes a difference with the Co2mission Project
(日本語訳)トルコ航空、「Co2missionプロジェクト」で変化をもたらす

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る