Blackstone、再生可能エネルギー開発企業 Invenergy への約3,500億円の出資を発表

Blackstone、再生可能エネルギー開発企業 Invenergy への約3,500億円の出資を発表

Blackstone は、民間の再生可能エネルギー企業である Invenergy Renewables Holdings LLC に約30億ドル(約3,500億円)を投資する契約を発表した。

シカゴに拠点を置く Invenergy Renewables は、北米最大の民間再生可能エネルギー企業。同社は、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアにおいて、大規模な持続可能エネルギーの発電・貯蔵施設を開発・所有・運営している。Invenergy Renewables 社は、風力・太陽光発電施設に加え、送電や先進的なエネルギー貯蔵プロジェクトなど、運転中、建設中、契約中のプロジェクトを 25,000MW 以上開発している。

今回の出資により、機関投資家の Caisse de depôt et placement du Québec (CDPQ) と Invenergy の経営陣は過半数の株式を保有することになる。CDPQは、2014年にInvenergy社に初期投資を行い、2020年12月に発表した10億ドルの投資を含め、ここ数年で出資比率を高めている。

両社によると、今回の投資は、Invenergy社の自然エネルギー開発活動を加速させるための資本となる。

今回の取引は、Blackstoneがクリーンエネルギーやエネルギー転換に焦点を当てた投資を行う中で最新のものとなる。最近ではユーティリティスケールの太陽光技術メーカーArray Technologiesへの5億ドルの出資や、インフラ製品・ソリューション企業 Sabre Industries の買収などがある。全体として、Blackstoneは2019年以降、幅広いエネルギー移行に沿った投資に130億ドル近くを投じていると述べている。

【参照ページ】
(原文)Invenergy Announces Approximately $3 Billion Investment from Blackstone Infrastructure Partners to Accelerate Renewable Development Activities
(日本語訳)Blackstone、再生可能エネルギー開発企業 Invenergy への約3,500億円の出資を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る