CBI、電力セクター向けの新たな気候債券基準を公表

12月13日、国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は、グリーンエネルギーへの移行を加速するため、新たな気候債券基準(CBS)として電力セクター基準を公表した。現在パブリックコメントを募集している。

CBIは、再生可能エネルギー、水素、送配電、蓄電等については、個別のCBSを策定済み。本基準では、火力発電での炭素回収・貯留(CCS)併設や混焼等に関する要件を定めた。

発電効率については、1kWh当たりのCO2排出量について、2025年に460g、2030年に186g、2035年に48g、2040年に3g、2045年以降は0gとした。

化石燃料火力発電では、削減努力のないものは2030年(新興国は2040年)までに段階的に廃止、アンモニアや水素等の混焼や、90%以上の回収率を持つCCSを用いた石炭火力発電は2035年(新興国は2040年)まで、同様のガス火力発電は2040年(新興国も2040年)までに段階的廃止とした。

バイオマス混焼については、バイオマスでのライフサイクル基準について、バイオマスのCBS基準に準ずるとした。他にも、気候変動適応やレジリエンスに関する要件も定めている。

【参照ページ】
(原文)Join the Public Consultation: Climate Bonds Standard Expands with New Electrical Utilities Criteria to Accelerate Green Energy Transition
(日本語参考訳)CBI、電力セクター向けの新たな気候債券基準を公表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る