エネルギー貯蔵スタートアップのティアマット、リチウムフリー電池技術で35億円調達

1月12日、バッテリー技術スタートアップのティアマットは、リチウムフリーのナトリウムイオン電池技術の開発と商業化を目的とした2,200万ユーロ(35億円)の資金調達を行ったと発表した。

2017年にフランス国立科学研究センター(CNRS)からのスピンオフとして設立されたティアマットは、エネルギー貯蔵用途のソリューションの設計、開発、生産を行っている。同社のナトリウムイオン技術は、急速充電、耐久性、高出力密度、安全性、キロワット時あたりの低コストなど、電力用途に適した強力な特性を備えている。豊富に入手可能なナトリウムをベースにしたこの技術は、リチウムとコバルトを含まず、電池分野が直面する持続可能性とサプライチェーン制約の主要課題に対処するのに役立つ。

今回の資金調達ラウンドでは、コーポレート・ベンチャー・ファンドのステランティス・ベンチャーズを通じた自動車大手ステランティス、材料科学企業のアルケマ、防衛装備品企業のMBDAなど、複数の戦略的投資家が新たに加わった。

フランス政府およびEUからの支援と並んで、今回の資金調達ラウンドで得た資金は、同社がフランスに新設する5GWhのナトリウムイオン電池のギガ工場に使用される。アルケマによると、この工場の操業能力は2025年末までに0.7GWhに達する可能性がある。

【参照ページ】
(原文)Arkema acquires a stake in Tiamat and accelerates in next generation batteries
(日本語参考訳)エネルギー貯蔵スタートアップティアマット、リチウムフリー電池技術で35億円を調達。ステランティス、アルケマ、MBDAが支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る