Hyundai、2030年までのEVの世界市場シェア7%にコミット

Hyundai、EVの世界市場シェア7%を目標に

3月2日、Hyundai は戦略的ロードマップを発表し、電化に焦点を当てた160億ドル以上の投資を行うとともに、2030年までに世界のEV市場の7%を獲得するという新たな目標を明らかにした。

Hyundaiは、Battery Electric Vehicle(BEV)ロードマップにおいて、BEVラインアップの強化・生産能力の最適化・ハードウェアおよびソフトウェアの競争力確保など、主要な注力分野を概説した。また、2030年までに95.5兆ウォン(約790億円)の将来事業への投資を目標としており、そのうち160億ドルを電化の投資に、100億ドルをソフトウェア機能に充当するとしている。

また、2030年までにEV事業で営業利益率10%以上を達成し、BEVの新車種を17車種(Hyundaiで11車種、高級車ブランド「ジェネシス」で6車種)投入することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Hyundai Motor Accelerates Electrification Strategy, Targeting 7% of Global EV Market by 2030
(日本語訳)Hyundai、EVの世界市場シェア7%を目標に

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る