Hyundai、2030年までのEVの世界市場シェア7%にコミット

Hyundai、EVの世界市場シェア7%を目標に

3月2日、Hyundai は戦略的ロードマップを発表し、電化に焦点を当てた160億ドル以上の投資を行うとともに、2030年までに世界のEV市場の7%を獲得するという新たな目標を明らかにした。

Hyundaiは、Battery Electric Vehicle(BEV)ロードマップにおいて、BEVラインアップの強化・生産能力の最適化・ハードウェアおよびソフトウェアの競争力確保など、主要な注力分野を概説した。また、2030年までに95.5兆ウォン(約790億円)の将来事業への投資を目標としており、そのうち160億ドルを電化の投資に、100億ドルをソフトウェア機能に充当するとしている。

また、2030年までにEV事業で営業利益率10%以上を達成し、BEVの新車種を17車種(Hyundaiで11車種、高級車ブランド「ジェネシス」で6車種)投入することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Hyundai Motor Accelerates Electrification Strategy, Targeting 7% of Global EV Market by 2030
(日本語訳)Hyundai、EVの世界市場シェア7%を目標に

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る