Risilience、約34.3億円の資金調達を実施

気候分析プロバイダーのRisilienceが約34.3億円の資金調達を実施

2月1日、気候分析プロバイダーのRisilienceは、2600万ドル(約34.3億円)を調達したと発表し、調達金は気候リスク評価とネット・ゼロ計画のSaaSプラットフォームの拡張を目的としている。

ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクールのリスク研究センターからスピンアウトして2021年に設立されたRisilienceは、企業が低炭素経済下でより収益性の高い事業運営に移行するためのコストと潜在的な財務的影響の測定とバランスをとるためのソリューションを提供している。同社のプラットフォームは、データに基づく洞察を提供し、企業が自社の戦略や事業に対する気候リスクの範囲、大きさ、時間的スケールを定量化することを可能にする。

2,600万ドル(約34.3億円)のシリーズB資金調達ラウンドの終了に伴い、同社は、新しい資金がSaaSプラットフォームの拡張と国際展開に役立つとし、特に、懸案のSEC規則が気候とリスクの開示を義務づける米国市場に注力する計画であると述べている。

Risilienceの顧客には、Nestlé、Burberry、Coca-Cola Europacific Partners、Reckitt、easyJet、Tescoが含まれる。

今回の資金調達は、既存の投資家であるIQ CapitalとNational Grid Partnersに加え、エネルギー転換に特化した投資家であるQuantum Energy PartnersのQuantum Innovation Fundが主導して行った。

【参照ページ】
(原文)Climate Analytics firm Risilience closes $26 million Series B to expand its science-based, climate-risk assessment and net-zero planning platform
(日本語参考訳)Risilience、約34.3億円の資金調達を実施

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る