responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェーンの変革を目指す、持続可能な食品に特化した2つの投資ファンドの初回クローズで、2億7,400万ドル(約355億円)を調達したことを発表した。

本戦略には、アジアで2番目のプライベート・エクイティ成長戦略である「サステナブル・フード・イン・アジア」戦略が含まれ、最初のクロージングで1億7,300万ドル(約224億円)を達成し、「サステナブル・フード・イン・ラタム」戦略では1億100万ドル(約131億円)に達している。

responsAbilityは、南アジアと東南アジアのインド・インドネシア・ベトナム・フィリピンなどの国々で、食料生産と流通の効率化を推進する中間・下流企業へ投資している。同社によると、本戦略は、2030年までに食料への支出総額が8兆ドル(約1,000兆円)超へと倍増するアジアで、主に若く都市部の所得上位層に加わることが見込まれる12億人の消費者の獲得を目指している。

「サステナブル・フード・イン・ラタム」は、メキシコ・ペルー・コロンビア・チリなどの国々で、主に果物や野菜の生産者や輸出業者に投資することを目的とした、同社にとって中南米初のメザニンファイナンス戦略である。サステナブル・フードのプライベートエクイティ部門責任者であるRik Vyvermanによると、本戦略は、持続可能な食糧供給と資源効率の課題の克服に積極的に貢献する企業のみに投資するという。

【参照ページ】
(原文)responsAbility announces first closings of two Sustainable Food strategies totaling USD 274 million
(日本語参考訳)responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る