RepRisk、企業ESGデューデリジェンス・スコアを発表

6月5日、ESGデータサイエンス企業のRepRiskは、投資家や企業が幅広いテーマにわたって特定の企業のESGリスクをピンポイントで特定できるようにすることを目的とした新しいソリューション、Due Diligence Scores(デューデリジェンススコア)を発表した。

この新しいソリューションは、生物多様性や人権などの特定のリスク要因をESG課題に関連するコンプライアンス・リスクを0~100の尺度で評価する。企業がある分野では低いエクスポージャーを持つ一方で、他の分野では高いエクスポージャーを抱える可能性があることを認識し、細分化されたESGスコアを提供することで、重要なリスクを正確に特定できる。さらに、観測されたインシデントの頻度や大きさなどの要因を考慮してリスクを定量化する。

RepRiskのESGリスク・データベースがあり、世界26万社以上の企業をカバーし、AIと人間のキュレーションを組み合わせて作成されたデータで、23カ国語、10万以上の情報源から毎日200万件以上の文書をスクリーニングしている。

デュー・ディリジェンス・スコアは、E、S、Gの各柱、SDGs、SASB、SFDR、ドイツ・サプライチェーン法、現代奴隷法など特定の枠組みや規制、人権や生物多様性から気候変動やグリーンウォッシュまで特定の問題から構成されている。

なお、RepRiskによると、この新しいソリューションは、投資家や企業が、最近採択されたCorporate Sustainability Due Diligence Directive (CSDDD)など、持続可能性に関連するデューデリジェンスやリスク管理プロセスを実施するための一連の規制要件が背景にあるとしている。

【参照ページ】
(原文)RepRisk launches industry-first thematic Due Diligence Scores to streamline business conduct risk monitoring
(日本語参考訳)レップリスク、企業行動リスク監視を合理化する業界初のテーマ別デューデリジェンス・スコアを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る