GRESB、不動産管理者向けSFDRレポーティング・ソリューションを提供開始

7月25日、不動産とインフラに特化したESGデータプロバイダーであるGRESBは、不動産ファンドマネージャーが商品と企業レベルのESG慣行を報告することを目的とした新しいSFDRレポーティングソリューションを開始した。

EUのサステナブルファイナンス情報開示規則(SFDR)は、金融市場参加者に対し、金融商品に関するサステナビリティリスクの統合、サステナビリティへの悪影響の考慮に関する透明性、サステナビリティ関連情報の提供について調和された規則を定めている。

2023年に施行される予定の本規制の次期フェーズでは、報告義務として、サステナビリティリスクが投資判断に統合される方法に関する開示、サステナビリティリスクが金融商品のリターンに与える可能性のある影響の評価、KPIの測定と追跡、主要な悪影響(PAI)、EUタクソノミとの整合性などが盛り込まれる予定だ。

GRESBによると、本ソリューションは、第8条(環境または社会的特性を促進する商品)または第9条(持続可能な投資目的を持つ商品)のファンドの管理者が、規制の最も困難な部分を満たすことを支援する。また、ファンドマネージャがPAIステートメントを完成させるために必要な情報を備えたインタラクティブなレポートを提供し、SFDRが定義するファンドの全体的な商品特性と環境への影響、エネルギー消費、推定GHG排出量、水の使用、廃棄物発生、および関連PAI指標それぞれに関するパフォーマンスの集計などをハイライトしている。

【参照ページ】
(原文)GRESB’s new SFDR Reporting Solution allows real estate managers to solve the hardest part of reporting with real data
(日本語訳)GRESB、不動産管理者向けSFDRレポーティング・ソリューションを提供開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る