Google・MAS、気候変動Fintechインキュベータープログラムを開始

7月26日、シンガポールの中央銀行および金融規制機関であるシンガポール通貨庁(MAS)とGoogle Cloudは、アジアにおける気候変動FinTechソリューションの革新・インキュベーション・拡大を目的とした新しいイニシアティブ「Point Carbon Zero Programme」を立ち上げると発表した。

本イニシアティブでは、FinTech企業やソリューションプロバイダーが、気候変動金融に関するさまざまな問題に対処するための技術的ソリューションを提出するよう求められ、100のソリューションがさらなる開発のためにショートリストされ、アジアにおける持続可能なプロジェクトへの資金流入を可能にする能力が試される予定だ。また、本プログラムは、1万社の中小企業がサステナビリティの目標を設定し、追跡し、達成できるようにすることを目的としている。

新プログラムは、テクノロジーとデータを活用し、より透明で信頼性の高い効率的なESGエコシステムを構築することにより、グリーンかつ持続可能な金融への資本動員を支援するために2020年に開始されたMASのプロジェクト・グリーンプリントの下で連携するものである。また、2021年には、MASは、ESGとサステナビリティに焦点を当てたデータプラットフォームの開発について、金融技術プロバイダーや金融業界参加者と提携するイニシアティブを発表している。

本イニシアティブの主な特徴としては、選抜された参加者に対する指導と資金提供、セクターおよび企業レベルの排出量を測定するソリューションの精度を高めるために使用できるデータへのアクセス、Google CloudのCarbon Sense Suiteへのアクセスなどがある。これにより、金融機関のクラウド使用に伴う二酸化炭素排出量を追跡・削減し、さらに、金融機関の持続的金融・投資決定を支援するデータ共有を円滑にできる。

当プログラムをサポートするため、Google Cloudは気候変動ファイナンスに特化したオープンソースのクラウドプラットフォームを立ち上げ、参加者はそこに自社のソリューションを展開するよう招待される予定である。また、本プラットフォームにより、FinTechは金融機関と連携し、FinTechソリューションの構築、ホスト、拡張を行うことができるようになる。

【参照ページ】
(原文)MAS and Google Cloud Launch Point Carbon Zero Programme to Catalyse Climate FinTech Solutions
(日本語訳)Google・MAS、気候変動Fintechインキュベータープログラムを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る