スイス証券取引所運営会社SIX、SustainalyticsのESGおよびEUタクソノミデータを提供開始

3月22日、スイス証券取引所とスペインの株式市場を運営する金融市場インフラプロバイダーのSIXグループは、ESG格付けおよび調査プロバイダーのSustainalyticsのデータを、ESGリスク格付けおよびESGデータセットとして顧客に提供することを発表した。

SIXは、新しいデータセットの提供は、顧客がEUタクソノミと持続可能金融開示規則(SFDR)のコンプライアンス要件と開示義務達成の可能化を目的としている。Sustainalyticsは、過去数カ月の間に、SFDR遵守のためのPAI(Principal Adverse Impact)データソリューションや、投資家のポートフォリオのEUタクソノミ適合性を評価するためのソリューションなど、投資家の規制要件の増大に対応できるように設計された一連の製品を発表している。

【参照ページ】
(原文)SIX Now Providing EU Taxonomy and Other ESG Data from Sustainalytics
(日本語訳)SIX、SustainalyticsからEUおよびその他のESGデータを提供

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る