スイス証券取引所運営会社SIX、SustainalyticsのESGおよびEUタクソノミデータを提供開始

3月22日、スイス証券取引所とスペインの株式市場を運営する金融市場インフラプロバイダーのSIXグループは、ESG格付けおよび調査プロバイダーのSustainalyticsのデータを、ESGリスク格付けおよびESGデータセットとして顧客に提供することを発表した。

SIXは、新しいデータセットの提供は、顧客がEUタクソノミと持続可能金融開示規則(SFDR)のコンプライアンス要件と開示義務達成の可能化を目的としている。Sustainalyticsは、過去数カ月の間に、SFDR遵守のためのPAI(Principal Adverse Impact)データソリューションや、投資家のポートフォリオのEUタクソノミ適合性を評価するためのソリューションなど、投資家の規制要件の増大に対応できるように設計された一連の製品を発表している。

【参照ページ】
(原文)SIX Now Providing EU Taxonomy and Other ESG Data from Sustainalytics
(日本語訳)SIX、SustainalyticsからEUおよびその他のESGデータを提供

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る