H2B2、北米初のグリーン水素プラント「SoHyCal」を稼動開始

11月1日、H2B2 Electrolysis Technologies(H2B2)は、再生可能エネルギーのみで稼働する北米最大のグリーン水素製造プラントSoHyCalの建設プロジェクトを発表した。本プラントは1日当たり最大3トンのグリーン水素生産能力を持ち、太陽光発電所からの再生可能エネルギーを使用する予定。

SoHyCalは、再生可能エネルギーと最先端の電解技術を活用し、第一段階ではバイオガスを燃料として日量最大1トンのグリーン水素を製造する。第2段階では太陽エネルギーに移行し、2025年第2四半期までに日量合計3トンのグリーン水素を製造する予定である。これは、年間21万台の自動車、または3万台の市バスの燃料に値する。

H2B2は、SoHyCalプロジェクトのために、カリフォルニアエネルギー委員会(CEC)のクリーン輸送プログラムから396万ドル(約5億円)の助成金を獲得した。この助成金は、サンホアキン・バレーとサンフランシスコ・ベイエリアの水素補給ステーションに供給する、1日最大1トンの100%排出ガスフリー水素の製造支援にも用いられている。

【参照ページ】
(原文)H2B2 Electrolysis Technologies Unveils SoHyCal, the First Operational Green Hydrogen Plant in North America
(日本語参考訳)H2B2、北米初のグリーン水素プラント「SoHyCal」を稼動開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る