CIP、産業界の脱炭素化にフォーカスしたエネルギー転換ファンドに4,000億円超を調達

CIP、産業界の脱炭素化にフォーカスしたエネルギー転換ファンドに4,000億円超を調達

8月31日、エネルギーインフラ投資会社のコペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)は、次世代の再生可能エネルギーインフラへの投資を目的とした新ファンド「CIエネルギー移行ファンドI」で30億ユーロ(約4,257億円)を調達したと発表した。

同ファンドは、事前に設定した22.5億ユーロ(約3,192億円)の目標額を上回り、30億ユーロ(約4,257億円)のハードキャップでクローズした。コミットメントの約半分は、CIPへの新規投資家によるものである。

CIPによると、新ファンドは、機関投資家がグリーン燃料や原料、CO2フリー肥料の使用を通じて、農業、航空、船舶、化学製造、鉄鋼生産などの難減衰産業の脱炭素化に参加し、グリッドバランシングを通じて、エネルギーミックスへの再生可能エネルギー発電の統合を支援することを可能にする。

OECD諸国におけるグリーンフィールドプロジェクトを中心に、グリーン水素やグリーンアンモニアなどの産業規模のPower-to-X(PtX)プロジェクト、持続可能な航空燃料、先進バイオ燃料、エネルギー貯蔵、脱炭素技術、その他の再生可能エネルギー技術や再生可能エネルギー移行を支える活動などの次世代再生可能エネルギーインフラに投資している。

CIPは、本ファンドの現在のポートフォリオが稼働すれば、年間750万トン以上のCO2を削減し、400万トン以上のグリーン燃料を供給できると推定されると述べている。

【参照ページ】
(原文)Copenhagen Infrastructure Partners reach final close on CI Energy Transition Fund I at the EUR 3 billion hard cap
(日本語訳)CIP、産業界の脱炭素化にフォーカスしたエネルギー転換ファンドに4,000億円超を調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る