CIP、産業界の脱炭素化にフォーカスしたエネルギー転換ファンドに4,000億円超を調達

CIP、産業界の脱炭素化にフォーカスしたエネルギー転換ファンドに4,000億円超を調達

8月31日、エネルギーインフラ投資会社のコペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)は、次世代の再生可能エネルギーインフラへの投資を目的とした新ファンド「CIエネルギー移行ファンドI」で30億ユーロ(約4,257億円)を調達したと発表した。

同ファンドは、事前に設定した22.5億ユーロ(約3,192億円)の目標額を上回り、30億ユーロ(約4,257億円)のハードキャップでクローズした。コミットメントの約半分は、CIPへの新規投資家によるものである。

CIPによると、新ファンドは、機関投資家がグリーン燃料や原料、CO2フリー肥料の使用を通じて、農業、航空、船舶、化学製造、鉄鋼生産などの難減衰産業の脱炭素化に参加し、グリッドバランシングを通じて、エネルギーミックスへの再生可能エネルギー発電の統合を支援することを可能にする。

OECD諸国におけるグリーンフィールドプロジェクトを中心に、グリーン水素やグリーンアンモニアなどの産業規模のPower-to-X(PtX)プロジェクト、持続可能な航空燃料、先進バイオ燃料、エネルギー貯蔵、脱炭素技術、その他の再生可能エネルギー技術や再生可能エネルギー移行を支える活動などの次世代再生可能エネルギーインフラに投資している。

CIPは、本ファンドの現在のポートフォリオが稼働すれば、年間750万トン以上のCO2を削減し、400万トン以上のグリーン燃料を供給できると推定されると述べている。

【参照ページ】
(原文)Copenhagen Infrastructure Partners reach final close on CI Energy Transition Fund I at the EUR 3 billion hard cap
(日本語訳)CIP、産業界の脱炭素化にフォーカスしたエネルギー転換ファンドに4,000億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る