FMC、世界の飢餓ゼロ目標に約44億円を拠出

FMC、世界の飢餓ゼロ目標に約44億円を拠出

8月8日、農業科学企業のFMCコーポレーションは、世界の食料安全保障を推進するため、脆弱な地域の農民のための研修、技術、開発に投資することを目的とし、国連が支援する「飢餓ゼロ民間セクター誓約」に3,050万ドル(約44億円)を拠出することを発表した。

この誓約は、2030年までに飢餓のない世界を実現するという国連の持続可能な開発目標2「飢餓ゼロ」に向けて、各企業が事業努力や投資を行うことを求めるものである。

FMCのコミットメントの一環として、同社は小規模農家の生産性と所得を向上させ、農村の女性や若者に研修の機会を提供し、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ全域でデジタル精密技術を推進する既存の活動を継続する。

同社によると、そのコミットメントの大部分は、農家が天候の変化など予測不可能な状況に適応できるよう支援することを目的とした精密農業技術である。この投資には、複数の国でのArcファーム・インテリジェンス・プラットフォームの立ち上げが含まれ、リアルタイムの害虫に関する洞察、予防的治療、圃場モニタリング機器を無償で提供する。FMCはまた、零細農家が革新的な作物保護技術や普及サービスを利用できるようにすることで、収量を向上させ、収入を増やし、生活の質を高めることを目的としたSTRIDE(Sustainable, Transformational Initiative toward Development)プログラムにも投資すると述べた。

さらに、ケニアにおける青少年向け改良普及サービス、G.B.パント大学とのインドにおける養蜂訓練を受けた農村女性、ブラジルのフィンテックスタートアップTraiveとの農家向け信用供与のための協業などにも取り組む。

【参照ページ】
(原文)FMC Corporation boosts efforts to advance global food security with commitment to Zero Hunger Private Sector Pledge
(日本語参考訳)FMCコーポレーション、「飢餓ゼロ」の民間セクター誓約で世界の食料安全保障への取り組みを強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る