バイデン氏、米国のEV充電ネットワーク計画を発表

2月15日、バイデン大統領は、Tesla、GM、Hertz、bpなどの企業による独自の充電ネットワークの構築と開放を約束するとともに、米国の高速道路におけるEV充電ネットワークの構築と国内のEV充電産業の支援という政権の目標達成に向けた一連のアクションを発表した。

クリーンモビリティの進化はバイデン政権の重要な注力分野であり、2021年に署名した大統領令では、2030年までに米国での新車販売の半分をゼロエミッション車にすることを義務付けている。同政権の超党派インフラ法(BIL)は、EV充電器のネットワーク整備に75億ドル(約1兆円)を割り当て、2030年までに全米で50万台のEV充電器の設置を目標としている。その中には、BILの国家EVインフラ(NEVI)の下で昨年発表した州間道路システム全体のEV充電ネットワーク整備に5年間で50億ドル(約6,700億円)が含まれている。

ホワイトハウスの発表で強調された重要なアクションの1つは、連邦政府が出資する充電器の設置、運用、保守に関する基準の策定だ。これは、全米のEV充電ネットワークが「使いやすく、信頼性が高く、アクセスしやすく、ガソリンスタンドで給油するのと同じくらい簡単に充電できる」ことを保証する。新基準では、充電器は一貫したプラグの種類、電力レベルを使用し、急速充電に対応できる充電器が最低数あること、97%の稼働率を確保すること、地図アプリケーションで簡単に見つけられること、複数のアプリやアカウントを必要としないようドライバーの単一識別方法をサポートすることなどが求められている。

ホワイトハウスの声明によると、民間企業による一連の発表が含まれており、すべてのEVに利用可能な10万台以上の公共充電器が追加される。Teslaは、2024年末までに少なくとも3,500基のスーパーチャージャーを含む7,500基の充電器をTesla以外のEVでも利用できるようにすると発表した。bpは2030年までに米国内のEV充電ポイントに10億ドル(約1,300億円)を投資し、いくつかの主要都市の同社の拠点でHertzと急速充電インフラの構築を計画、Pilot、General Motors、EVgoは最近発表した沿岸から沿岸までの急速充電器ネットワークから最初の充電器を今年利用可能とする、と発表している。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration Announces New Standards and Major Progress for a Made-in-America National Network of Electric Vehicle Chargers

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る