持続可能な建築技術の新興企業Vizcab、約8億円を調達

持続可能な建築技術の新興企業Vizcabが約8億円を調達

11月21日、持続可能な建築設計ソフトウェアのプロバイダーであるVizcabは、建設業界におけるネット・ゼロの加速を支援することを目的としたシリーズA資金調達ラウンドで500万ユーロ(約8億円)を調達したと発表した。

国際エネルギー機関(IEA)と国連環境計画(UNEP)によると、建物と不動産は、炭素排出量の40%近くを占め、世界的な気候変動問題の重要な原因となっている。また、その長期的な性質から、代替が最も難しい排出源のひとつでもある。

フランスのリヨンを拠点とするVizcabは、トーマス・ジュセルム博士とギヨーム・ラフォンによって2015年に設立され、不動産開発業者、建築家、建設エンジニアを対象に、建設プロジェクトの炭素影響を削減するためのライフサイクルアセスメント(LCA)を計算するSaaSプラットフォームを提供している。このソリューションにより、建設バリューチェーン全体のユーザーは、ネット・ゼロ・ビルディング戦略を策定し、環境規制や炭素予算要件を満たすことができる。

Vizcabによると、今回の資金調達ラウンドは、建設業界が2027年までに欧州全域で新たに建設される全ての建築物に対してLCAを義務付けるなど、炭素削減を推進するための規制の進展に直面する中で行われた。

今回の資金調達は、同社の継続的な成長を支援し、ヨーロッパ全域で事業を拡大するために使用されるという。

本ラウンドは、脱炭素に焦点を当てたアーリーステージのVCであるKOMPAS VCが主導し、既存の投資家であるA/OとBanque des Territoires (Groupe Caisse des Dépôts)に加え、Rise PropTech Fund、Cemex Ventures、Altur Investissementが参加した。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Building Tech Startup Vizcab Raises $5.5 Million
(日本語参考訳)持続可能な建築技術の新興企業Vizcab、約8億円を調達

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る