Matter、マイクロプラスチック除去技術を産業界に応用するため約14億円を調達

Matter、マイクロプラスチック除去技術を産業界に応用するため約14億円を調達

8月9日、マイクロプラスチックに特化したテクノロジー企業Matterは、1000万ドル(約14億円)を調達したと発表した。調達資金は、マイクロプラスチックを水系から排除するための持続可能な洗濯に特化したソリューションを商業・産業用途に展開するための支援に充てられる。

2018年に設立された英国を拠点とするMatterは、特に廃水や繊維製品のような高汚染分野において、マイクロプラスチックを捕獲してリサイクルする技術ソリューションを提供し、マイクロプラスチック汚染を発生源で終わらせることを目標としている。同社が引用した試算によると、洗濯機からは1回の洗濯で最大70万本のマイクロプラスチック繊維が放出され、海には現在171兆個のマイクロプラスチック粒子が存在し、人間や動物の健康に危険をもたらしている。

シリーズA資金調達ラウンドは、S2Gベンチャーズと、アシュトン・カッチャーとガイ・オセアリーが設立した持続可能性に焦点を当てた投資ビークルであるSOUNDWavesが主導し、レオナルド・ディカプリオが支援する気候技術ベンチャーファンドRegeneration.VCと、海洋インパクトベンチャーファンドマネージャーのKatapult Oceanが追加資金を提供した。

【参照ページ】
(原文)Matter Accelerates Growth with $10 Million Series A Funding
(日本語訳)マター、1000万ドルのシリーズA資金調達で成長を加速

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る