Defra、革新的な飼料製品による家畜のメタン排出削減に向けて産業界と協力

Defra、革新的な飼料製品による家畜のメタン排出削減に向けて産業界と協力

10月26日、英国環境・食糧・農村地域省(Defra)は、メタン抑制効果のある飼料製品の使用を促進することにより、イングランドにおける家畜からのメタン排出量をさらに削減するため、産業界と緊密に協力することを発表した。

本イニシアティブは、これらの製品の可能性とそれに関連する課題についての知見を得るために、各分野の政府と共同で実施された証拠募集を受けたものである。この結果を受け、Defraは産業界や農家と協力し、イングランドにおけるメタン抑制飼料製品の普及を促進する。これは、農業排出を削減する革新的な方法を模索するという環境改善計画の公約に沿ったものである。

メタン抑制飼料製品は、2025年から市場に出回ると予想されており、Defraの計画の中心となっている。同省の回答要旨には、農業革新プログラム、動物健康と福祉パスウェイ、環境土地管理スキーム、またはオーダーメイドプログラムなどのプログラムを通じた指導、助言、支援など、潜在的な対策が概説されている。

Defraは、各分権行政機関と連携しながら、成熟した市場を形成し、採用を促進し、実現可能な場合には、イングランド全土の適切な畜産システムでこれらの製品の使用を義務付けることを目指しており、遅くとも2030年までにこれを達成することを目標としている。

マーク・スペンサー農相は、2050年までに英国でGHG排出量ネット・ゼロを達成するというコミットメントを表明した。彼は、農業からの排出量を削減し続ける一方で、持続可能な食料生産において農家を支援することの重要性を強調した。この計画は、2023年気候変動委員会の進捗報告書に対する政府の回答に沿ったもので、英国の牛肉と酪農システムの飼料製品にメタン抑制添加物の使用を義務付けるよう勧告した。

英国の農業部門は、2019年の温室効果ガス総排出量の10%を占めており、メタン排出はその重要な構成要素である。反芻家畜、特に牛と羊は、これらの排出の主な原因であると特定された。しかし、研究により、メタン抑制特性を持つ飼料製品、特に限定飼育牛用の飼料が有望な結果を示している。

本発表は、メタン排出削減と持続可能な農業の推進に向けた協調的努力を反映し、北アイルランド、スコットランド、ウェールズの各分権行政機関との緊密な協力のもとに作成された。

【参照ページ】
(原文)Further action to cut methane emissions from livestock
(日本語参考訳)家畜からのメタン排出削減のためのさらなる行動

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る