Iberdrola、オーストラリアに約1,500億円のグリーン水素プラントを建設

12月19日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrolaは、水素開発会社ABEL Energyと共同で、11億ユーロ(約1,500億円)以上を投じてオーストラリアにグリーン水素およびグリーンメタノール製造プラントを建設する計画を発表した。

タスマニア州北部のベル・ベイに建設される本プロジェクトは、Iberdrolaが最近発表した、再生可能エネルギーへの転換を加速させ、オーストラリアでの発電能力を4GWに増強するために20~30億ユーロ(約2,800〜4,200億円)を投資するという公約に続くものである。

また、本プロジェクトを支援するオーストラリア政府は、2030年までに温室効果ガスを2005年比で43%削減し、2050年までにネット・ゼロを達成するなど、同国の排出量削減目標を初めて法律で定めた法案を最近可決している。

ベルベイ・パワーフューエルズ工場は、第1期開発で年間20万トン、第2期開発で30万トンのグリーンメタノールを生産し、世界最大級の工場となる予定だ。

本プラントで生産されるグリーンメタノールは、主に船舶用燃料として使用される。Iberdrolaによると、この燃料は、港湾における大気汚染の解消、海洋環境における油流出による環境災害の回避、化石燃料の使用により発生している温室効果ガスの削減などの大きなメリットがある。

【参照ページ】
(原文)We will invest more than € 1.1 billion to build a green hydrogen plant in Australia

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る