HSBC、投資家の生物多様性リスク管理を支援するETFを開始

HSBC、投資家の生物多様性リスク管理を支援するETFを開始

8月11日、HSBCアセットマネジメントは、「HSBC World ESG Biodiversity Screened Equity UCITS ETF」の発売を発表した。本ファンドは、投資家が生物多様性への配慮をポートフォリオに組み込み、より強い生物多様性クレデンシャルを持つ企業に投資することで関連投資リスクを軽減できるようにすることを目的としたファンドである。

HSBC AMによると、本ファンドは生物多様性をスクリーニングした初のETFとなる。

新しいETFは、HSBCと環境データ・分析ソリューションプロバイダーのアイスバーグ・データ・ラボが共同で開発したユーロネクストESG生物多様性スクリーニング・ワールド・インデックスを追跡する。本インデックスは、土地利用、気候変動、大気汚染、水質汚染などの主要な環境圧力に対する企業の影響を特定するアイスバーグ・データ・ラボの企業生物多様性フットプリント(CBF)ツールに基づいて構築されている。

本インデックスは、武器、タバコ、一般炭、動物実験などに関する社会的責任投資(SRI)フィルターに加え、CBFスコアに基づいて選別された500社で構成されている。また、ESGリスクスコアが下位25%の企業は除外されている。

【参照ページ】
(原文)HSBC launches biodiversity screened ETF
(日本語訳)HSBC、投資家の生物多様性リスク管理を支援するETFを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る