Manulife、クリーンエネルギー投資会社CleanCapitalに約700億円を投資

Manulife、クリーンエネルギー投資会社CleanCapitalに約700億円を投資

6月7日、多角的なクリーンエネルギー企業であるCleanCapitalは、Manulife Financialのグローバルな資産運用事業であるManulife Investment Managementから5億ドル(約700億円)の投資を受けたことを発表した。資金調達の目的は、初期段階のソーラーおよびストレージ開発への融資、米国内の再生可能エネルギー資産の取得、新興市場への進出である。

2015年に設立されたCleanCapitalは、ミドルマーケットに特化した太陽光発電およびストレージの投資家である。同社は、26州にわたる200以上の稼働中および新規建設プロジェクト、合計400MW以上を買収・管理しており、米国の商業用太陽光発電資産所有者の上位10社の1社に数えられている。

今回の資金調達の発表と同時に、CleanCapitalは、10億ドル(約1,400億円)以上の資金を、事業用、新築、初期段階の開発用太陽光発電および蓄電池資産に投入するというマイルストーンを明らかにした。

【参照ページ】
(原文)CleanCapital nets $500M from Manulife to fund mid-market solar + storage projects
(日本語訳)CleanCapitalがManulifeから5億ドルを調達し、中堅市場の太陽光発電+蓄電池プロジェクトに資金を供給

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る