EV充電最適化ソフトウェアのスタートアップev.energy、3,300万ドルを調達

7月27日、EV管理充電ソフトウェア・プロバイダーのev.energyは、北米と欧州での事業拡大を目指し、3,300万ドル(約47億円)を調達したと発表した。

2018年に設立された英国を拠点とするev.energyは、EVと充電器を接続するクラウドベースのソフトウェア・プラットフォームを提供し、電力会社と提携して最適化されたEV充電を提供している。自宅で充電するEV所有者は、ピーク時以外の時間帯に充電のタイミングを合わせることができ、より安価で環境に優しいエネルギーの使用が可能になる。

ev.energyは現在、バーチャルパワープラント(VPP)プラットフォームで12万台以上のEVを管理している。同社は最近、VPPを拡張してVehicle-to-Grid(V2G)ソリューションを含め、フリート管理プラットフォームを発表し、ソーラーホーム充電機能「ev.energy SOLAR」を導入した。

同社によると、本資本により、グローバルな事業展開が可能になり、北米と英国でのプレゼンスが強化されるという。

シリーズB資金調達ラウンドはNational Grid Partnersが主導し、新規投資家のAviva Ventures、WEX Venture Capital、InMotion Venturesのほか、既存投資家のEnergy Impact Partners(EIP)、Future Energy Ventures(FEV)、ArcTern Venturesが参加した。

【参照ページ】
(原文)ev.energy secures $33M Series B funding to drive electric vehicle-grid integration in North America and Europe
(日本語参考訳)EV充電最適化ソフトウェアのスタートアップev.energy、3,300万ドルを調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る