DSM、ネット・ゼロへの道を加速するため、新たな気候目標を設定

8月2日、化学グローバル企業であるRoyal DSMは、新たに2030年の厳しいサステナビリティ目標を掲げ、世界中の電力をすべて再生可能資源から購入するとともに、自社の事業から排出される温室効果ガス(GHG)をより迅速に削減すると発表した。

新たに設定した再生可能エネルギーによる電力100%の目標は、2019年に設定した75%の目標から大幅に上方修正された。これは、DSMが長年にわたって緊急の気候変動対策を継続してきた結果、2022年6月末までに、当初の予想より8年早く、全世界で再生可能エネルギーを77%、オランダと北米の全事業で100%を達成したことを受けている。

DSMのサステナビリティ活動は、同社のフットプリントだけにとどまらない。DSMは、人と地球の健康に良い影響を与えることを目的に、毎年数億ユーロを科学とイノベーションに投資している。牛から排出されるメタンを根本的に削減できるBovaerのような画期的な開発は、バリューチェーン全体に違いをもたらしている。

【参照ページ】
(原文)DSM sets new climate targets to accelerate route to net-zero
(日本語訳)DSM、ネットゼロへの道を加速するため、新たな気候目標を設定

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る