米国とEU、サイバー脅威に対抗する「パリ・コール」に加盟

11月16日、米国と欧州連合(EU)は、市民やインフラを危険にさらすサイバー脅威に対抗するための国際的な取り組みである「パリ・コール」に参加する計画を発表した。

パリ・コールは、マクロン大統領が、国連教育科学文化機関(UNESCO)が開催した「インターネット・ガバナンス・フォーラム」と「パリ平和フォーラム」中で提唱2018年11月に設立され、80の国際国家と700以上の民間企業に支持されており、インターネットの保護から選挙プロセスの防御まで、サイバースペースを安全に保つための9つの共通原則に基づいている。この9つの原則は、議論と行動のための領域として機能する。

現在の加盟国は、カナダ、英国、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、オーストリア、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、アルバニア、オーストラリア、日本、韓国、シンガポール、フィリピン、メキシコ、アルゼンチン、グアテマラ、アラブ首長国連邦(UAE)、アンドラ、ガボン、ウズベキスタン、アルメニア、カンボジア等で、今回EUと米国が加わった。

今回のEUと米国の加盟によりパリ・コールは強化され、サイバー空間の安定を守るためにさらに前進することが可能になる。

【参照ページ】
(原文)The European Union 🇪🇺 and the United States 🇺🇸 are joining the Paris Call.
(日本語訳)米国とEU、「パリ・コール」に加盟

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る