Brookfield、気候変動ファイナンス強化のため基金の資金調達を開始

6月13日、Brookfield Asset Management(ブルックフィールド)は、ALTERRA Managementと共同で、新興市場での気候ファイナンスを強化するための「カタリティック・トランジション・ファンド(CTF)」の立ち上げを発表した。このファンドは、UAEが支援するアルテラからの10億ドルのアンカーコミットメントにより、最大50億ドルの資本を調達し、新興市場への投資を加速させることを目指している。

CTFは、特にインドや南アジア、東南アジア、中東、東欧などの大規模な新興市場に焦点を当てている。これらの地域は、ネットゼロ経済への移行をサポートする政策指令があり、強力な企業の脱炭素化需要が存在している。また、ブルックフィールドのプラットフォーム能力を活用して、投資機会を見つけ出し、実行することができる。

CTFの初回クローズは2024年末までに予定されており、ブルックフィールドはファンド総資本の少なくとも10%を貢献することで、投資パートナーとの利益の一致を図っている。さらに、CTFは新興市場の脱炭素化目標を達成するために年間1.6兆ドルの資金を必要としており、これは特にインドなどの国々で大きな機会を生み出している。

ブルックフィールドのトランジション投資責任者であるマーク・カーニー氏は、「CTFは、新興市場へのトランジション投資を提供するためのプライベートマーケットソリューションである。ブルックフィールドはこれらの地域で既に主要なトランジション投資家であり、この市場の巨大な機会と影響力を熟知している」と述べている。

【参照ページ】
(原文)Brookfield Opens Fundraising for Catalytic Transition Fund with  Anchor Commitment from ALTÉRRA Targeted to Raise up to  $5 billion to Scale Up Climate Finance in Emerging Markets
(日本語参考訳)ブルックフィールドは、ALTÉRRAからのアンカーコミットメントを得て、新興市場における気候変動ファイナンスの拡大を目指して最大50億ドルの調達を目指す触媒的移行基金の資金調達を開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る