Citi、2021年のサステナブルファイナンス活動を2倍以上に拡大

シティ、2021年のサステナブルファイナンス活動を2倍以上に拡大。1600億ドル(約20兆円)に到達。

4月25日、グローバル金融サービス企業であるCitiは、新たに「2021 ESGレポート」を発表した。本レポートによると、同社は2021年のサステナブルファイナンス活動を2倍以上に拡大した。2020年の620億ドル(約8兆円)に対し、2021年は年間を通して16,000億ドル(約20兆円)を記録している。

同社は昨年、2030年までに環境金融に5,000億ドル(約64億円)、教育、リーズナブルな住宅、医療、経済的包摂、コミュニティ金融、国際開発金融、人種・民族の多様性、男女平等など、SDGs分野に5,000億ドルを展開するという、1兆ドル(約128兆円)のコミットを発表した。 昨年の活動の急増により、同社は 「コミットメントは十分な軌道に乗っている」と述べた。

【参照ページ】
(原文)Citi Releases 2021 Environmental, Social and Governance (ESG) Report
(日本語訳)2021年のサステナブルファイナンス活動を2倍以上に拡大。1600億ドル(約20兆円)に到達。

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る