ロイヤル・カリビアン、2035年までにネット・ゼロのクルーズ船の実現を目指す

 

世界的なクルーズバケーション企業であるロイヤル・カリビアン・グループは、2050年までに排出量がネット・ゼロになることを目指す包括的な脱炭素戦略である「Destination to net Zero」を発表した。この戦略には、2035年までに排出量ネット・ゼロのクルーズ船を提供するという野心も含まれている。

同社の脱炭素戦略は、船隊の近代化、省エネ技術などのエネルギー効率化プログラムへの投資、データシステムの強化とデジタル化、代替燃料と代替電力ソリューションの開発、戦略的な陸上サプライチェーンの展開など、いくつかの重要な柱に焦点を当てている。

ネット・ゼロ・クルーズシップの野望を発表したロイヤル・カリビアン社は、船体設計の最適化やACチラーなどのシステムアップグレードによる大幅なエネルギー消費量の削減、各世代の船の効率を前世代より20~25%向上させるなどの取り組みを行い、船隊の環境への影響を積極的に改善してきたことに言及している。最近では、「プロジェクト・エボリューション」を導入し、2023年に水素燃料電池と液化天然ガスを組み合わせて動力源とするクルーズ業界初の客船を就航させる計画を立てている。

この新戦略の一環として、18〜24ヶ月かけて、Science Based Targets initiative(SBTi)で検証される目標を策定する予定であると述べており、これはクルーズ業界では初の試みとなる。

【参照ページ】
(原文)Royal Caribbean Group Announces “Destination Net Zero” — Program to Achieve Net Zero Emissions by 2050
(日本語訳)ロイヤル・カリビアン、2035年までにネット・ゼロのクルーズ船の実現を目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る