信用格付会社Fitch、企業セクターの気候変動脆弱性スコアを拡大

信用格付会社フィッチ、企業セクターの気候変動脆弱性スコアを拡大

4月25日、信用格付会社Fitch Ratingsは、自動車製造、航空宇宙・防衛、運輸、技術・メディア・通信などの新しいセクターについて、低炭素化リスクに対するセクターのエクスポージャーを検証する気候脆弱性スコアを公表し、今後数ヶ月間にさらに展開する予定を明らかにした。

新しいスコアは、国連責任投資原則の「Inevitable Policy Response Forecast Policy Scenario(IPR FPS)」に基づくものである。2021年10月に発表されたIPR FPSは、投資家、企業、市民社会など様々なソースから、2025年までに気候政策が大幅に加速するという確信度の高い予測を打ち出している。

Fitchは輸送部門のスコアを購読料なしで公開している。レポートによると、航空会社は2025年のスコアが30で2050年には50に上昇、船舶は2番目に脆弱で、鉄道は最も有利な状況にあるという。スコアは10~90でつけられ、10は混乱がほとんど予想されず、移行から利益を得る可能性を示し、90は中核的事業活動に対する存続の危機を意味する。

Fitchは、気候脆弱性スコアの対象を全セクターに拡大することを目指しており、5月と6月に宿泊・ゲーミング、多角的製造業、金属・鉱業、肥料、ヘルスケア・医薬品、小売・消費財、建築資材、アグリビジネスなどのセクターに関するレポートを追加発行する予定である。

【参照ページ】
(原文)Fitch Ratings Publishes Climate Vulnerability Scores for Corporate Sectors

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る