信用格付会社Fitch、企業セクターの気候変動脆弱性スコアを拡大

信用格付会社フィッチ、企業セクターの気候変動脆弱性スコアを拡大

4月25日、信用格付会社Fitch Ratingsは、自動車製造、航空宇宙・防衛、運輸、技術・メディア・通信などの新しいセクターについて、低炭素化リスクに対するセクターのエクスポージャーを検証する気候脆弱性スコアを公表し、今後数ヶ月間にさらに展開する予定を明らかにした。

新しいスコアは、国連責任投資原則の「Inevitable Policy Response Forecast Policy Scenario(IPR FPS)」に基づくものである。2021年10月に発表されたIPR FPSは、投資家、企業、市民社会など様々なソースから、2025年までに気候政策が大幅に加速するという確信度の高い予測を打ち出している。

Fitchは輸送部門のスコアを購読料なしで公開している。レポートによると、航空会社は2025年のスコアが30で2050年には50に上昇、船舶は2番目に脆弱で、鉄道は最も有利な状況にあるという。スコアは10~90でつけられ、10は混乱がほとんど予想されず、移行から利益を得る可能性を示し、90は中核的事業活動に対する存続の危機を意味する。

Fitchは、気候脆弱性スコアの対象を全セクターに拡大することを目指しており、5月と6月に宿泊・ゲーミング、多角的製造業、金属・鉱業、肥料、ヘルスケア・医薬品、小売・消費財、建築資材、アグリビジネスなどのセクターに関するレポートを追加発行する予定である。

【参照ページ】
(原文)Fitch Ratings Publishes Climate Vulnerability Scores for Corporate Sectors

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る