S&P Global、気候リスク分析ソリューションプロバイダーのThe Climate Serviceを買収

S&P Global、気候リスク分析ソリューションプロバイダーのThe Climate Serviceを買収

1月4日、信用格付、ベンチマーク、分析の大手プロバイダーであるS&P Globalは、気候リスク分析ソリューションおよびツールプロバイダーのThe Climate Serviceを買収したことを発表した。

2017年に設立されたThe Climate Serviceは、投資家、企業、コミュニティが気候変動による財務リスクと低炭素経済への移行による機会を理解できるようにするためのソリューションを提供している企業だ。同社のClimanomicsプラットフォームは、気候リスクを定量化し、異なる気候シナリオの下で移行リスクと物理的リスクおよび機会を財務用語で測定・報告するための出力を提供し、ユーザーが気候関連財務開示に関するタスクフォース(TCFD)の枠組みに沿った気候リスクを報告・開示できるようにするものである。

このプラットフォームは、異常気温、干ばつ、山火事から沿岸部の洪水、サイクロン、水ストレスに至る物理的リスクのモデル化に加え、法律、規制、市場環境の変化を含む移行リスクに関するインテリジェンスも顧客に提供する。

S&P Globalによると、今回の買収により、同社の顧客向けポートフォリオにESGの見識とソリューションの機能が追加されることになるという。この発表は、S&P Globalが昨年発表したSustainable1(サステナブル1)に続くもので、ベンチマーク、分析、評価、インデックスの製品およびソリューションを含む、同社のサステナビリティサービス一式の統合グループであり、S&P Globalの全部門からのESG製品、洞察およびソリューションの単一提供元として機能するものだ。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Acquires The Climate Service, Inc.
(日本語訳)S&Pグローバル、クライメイト・サービス社を買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る