ドイツポストDHL、レターメールの輸送に伴う二酸化炭素排出量をすべてオフセット

ドイツポストDHL、レターメールの輸送に伴う二酸化炭素排出量をすべてオフセット

ロジスティクス大手のドイツポストDHLグループは、郵便・宅配便事業を行うドイツポストが、レターメール事業で発生するすべての二酸化炭素排出量を、顧客に追加料金なしでオフセットすることを発表した。

今回の取り組みは、ドイツポストおよびDHLのお客様に提供している「GoGreen」サービスに基づくもので、国際的に認知された気候保護プロジェクトへの投資を通じて、輸送時に発生する排出量を相殺することで気候変動に左右されない輸送の選択肢を提供する。ドイツポストおよびDHLは、顧客が持続可能性に貢献し、CO2の絶対量を削減できるよう、さらなるオプションや排出削減製品の導入を目指していきたいと考えている。

本発表以前は、GoGreenは顧客に有料で提供されており、年間5万点以上の出荷量がある法人顧客のみが利用可能だった。ドイツポストによると、2020年の約65億通の取扱量に基づくと、このプログラムの拡大により30万トン以上のCO2排出量が相殺されることになる。

今回の取り組みは、昨年発表したDHLのサステナビリティロードマップに続くもので、このロードマップには、より野心的な気候目標の導入を含む一連の脱炭素化および環境サステナビリティに関するコミットメントが含まれており、CO2排出量削減のための対策に今後10年間で70億ユーロの投資を計画している。

【参照ページ】CO2 emissions from mail transport automatically offset as of 2022

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る