Zurich、2030年までのネット・ゼロ達成にコミット

3月31日、Zurich保険グループは、気候変動に関する目標を20年前倒しさせ、2030年までに事業活動における排出量ネット・ゼロ目標を発表した。

本発表は、同社が過去1年間に開始した一連の排出量削減策および目標に続くものである。Zurichは昨年3月、業務上の排出量を2025年までに50%、2029年までに70%削減する目標を発表し、さらに上場株式・債券投資の炭素強度を2025年までに25%、不動産直接投資については30%削減する計画も発表している。

Zurichは9月に、航空機の利用を大幅に減らし、保有する車両から内燃機関自動車を排除するなどの対策も発表している。また、2050年までに投資ポートフォリオでネット・ゼロを達成することを約束している。

排出量の絶対量を削減することは引き続き同社の優先事項だが、Zurichは、回避できない排出を大気から取り除くことを約束した。本コミットメントとともに、同社は炭素除去のサプライヤーとの一連の合意も発表し、自然由来のソリューションを提供するサプライヤーに焦点を当てた。

Zurichは、食糧の回復力、山火事防止、より公平な社会の発展など、同社の幅広いサステナビリティ目標に沿ったプロジェクトが選ばれたと述べている。

【参照ページ】
(原文)Zurich aims for net-zero target in operations by 2030 instead of 2050
(日本語訳)チューリッヒ、2050年ではなく2030年までに運用のネットゼロを目指す

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る