投資大手ブラックロック、気候変動に関する株主提案の支持数減少

5月10日、投資大手のブラックロックは、気候関連の株主提案の支持数が昨年に比べて減少すると予想を発表した。多くの提案が過度に規範的または制約的になり、長期的な価値創造の目標に合致していないためだという。

ブラックロックは、今年の提案のテーマとして、伝統的なエネルギー企業に対する融資と資産の廃止、特定の1.5⁰C気候シナリオに沿ったビジネスモデル、スコープ3排出量の絶対目標の設定など、一連のテーマを取り上げた。ブラックロックによると、これらの過度に規範的な提案の多くは、株主の強い支持を得ておらず、主要なプロキシーアドバイザーは、提案を支持しないよう推奨している。

本発表では、ブラックロックが支持する気候変動に関する提案の種類を概説している。その中には、気候変動対策計画の詳細、エネルギー転換がビジネスモデルや財務業績に与える予想影響、スコープ1と2の排出量データ、排出量削減目標に裏付けられた、企業の重要な気候リスクと機会に関する情報提供を促すものが含まれている。ブラックロックは、スコープ3排出量の開示も推奨しているが、方法論の複雑さ、規制の不確実性、ダブルカウントの懸念などの問題を考慮し、スコープ3報告を取締役への支援に不可欠なものとは考えていないとしている。

2021年の株主総会において、ブラックロックは、環境および社会に関する株主提案の47%を支持したと述べており、その多くは、重要な事業リスクへの対応や、企業の長期的な価値創造能力の評価に役立つ情報の提供に重点を置いている。

【参照ページ】
(原文)BlackRock to back fewer shareholder resolutions in this AGM season
(日本語訳)ブラックロック、この年次株主総会で少数の株主決議を支持

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る