英国、住宅やインフラ・プロジェクトで生物多様性をネット・ゼロで改善するよう開発業者に要求

英国、住宅やインフラ・プロジェクトで生物多様性をネット・ゼロで改善するよう開発業者に要求

2月14日、英国政府は、すべての主要な建築プロジェクトにおいて、生物多様性ネットゲイン(BNG)を10%達成することを開発業者に求める新たな要件を発表した。

英国の2021年環境法で導入された生物多様性ネットゲインは、開発前の状況と比較して、開発が生物多様性に測定可能なプラスの影響を与えることを確実にするために、自然の生息地を創出し、改善することを目的としている。BNGシステムは、生息地の規模、質、場所、種類などの要素を考慮した「生物多様性ユニット」の計算に基づいており、少なくとも10%のBNGを提供するために必要な生物多様性ユニットの数を算出する。

新ルールを発表した政府の声明によると、この動きにより英国は、BNGの義務的要件を導入する世界初の国となり、2030年までに種の減少を食い止めるという政府の公約を実現する一助となる。

新しい規則では、敷地内のBNGが優先され、開発者は開発敷地内に新たな生息地を作るか、既存の生息地を強化する必要がある。最後の手段」として、新しい規則では、政府から法定生物多様性クレジットを購入することでBNGを達成することを認めており、クレジットは英国全土の生息地プロジェクトに再投資される。

また、この規則には長期的な生息地管理の要件も含まれており、敷地内および敷地外での大幅な利益には、責任ある団体または地方自治体との法的合意が必要で、生息地の改善を30年間監視する。

BNGの要件は新規開発に適用され、1~9戸の小規模敷地については2024年4月から、国家的に重要なインフラプロジェクトについては2025年後半から実施される予定である。

【参照ページ】
(原文)Get ready for new Biodiversity Net Gain legislation
(日本語参考訳)英国、住宅やインフラ・プロジェクトで生物多様性をネット・ゼロで改善するよう開発業者に要求

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る